斎藤次郎 (教育評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎藤 次郎(さいとう じろう、1939年9月3日[1] - )は日本の教育評論家、漫画評論家、漫画原作者。個人紙『まんがコミュニケーション』主宰。斉藤次郎と表記される場合もある。

埼玉県飯能市生まれ。1963年法政大学文学部日本文学科卒業。子ども調査研究所を経て、教育評論活動を開始。真崎守の漫画『共犯幻想』『寂光院蝉しぐれ 甦春記・京都大原』『紫陽花寺・流謫 甦春記・鎌倉明月院』では原作者を担当。『COM』で漫画評を連載し、村上知彦米澤嘉博らの「私語り」漫画論に大きな影響を与えたとされる[2]1987年から、子供や子供文化に係るミニコミ誌『三輪車疾走』『子どもプラス』『子どもプラスmini』の編集代表を務める。BPO放送と青少年に関する委員会(青少年委員会)副委員長などを歴任。

著書[編集]

  • 『若き日の読書』三一書房 高校生新書 1968
  • 『擬似への挑戦』三一新書 1969
  • 『共犯の回路 ロック×劇画・可能性のコミュニケーション』ブロンズ社 1973
  • 『子どもたちの現在 子ども文化の構造と論理』風媒社 1975
  • 『子育て原論 あたりまえの育児』教育出版 1976
  • 『青春の発見 若き日の読書』教育出版 1977
  • 『子どもを見直す 塾と生活の側から』中公新書 1979
  • 『子ども漫画の世界』現代書館 子どもの文化叢書 1979
  • 『小さな同時代人 危機にたつ子ども情況』冬樹社 1980
  • 『母親の条件・父親の条件』日本書籍 1980 のち雲母書房
  • 『扉のむこうの子どもたち』日本エディタースクール出版部 1982
  • 『瀕死の教室』教育出版 1982
  • 『子どもへの加担』筒井書房 1984
  • 『中・高校生の居場所』鎌倉書房 1984
  • 『続・扉のむこうの子どもたち』日本エディタースクール出版部 1984
  • 『ああファミコン現象 「是か非か」を超えて』岩波ブックレット 1986
  • 『子ども本位宣言 家庭と学校を変える』風媒社 1988
  • 『若いお母さんに贈る手紙 子育てに迷ったときへのアドバイス』サクラクレパス出版部 1988
  • 『「私探し」の綱渡り 現代の若者を解読する』有斐閣新書 1988
  • 手塚治虫がねがったこと』岩波ジュニア新書 1989
  • 『ことわざ子育て考 暮らしまるごと子ども論』風媒社 1990
  • 『外国の小学校』西山悦子写真 福音館書店 たくさんのふしぎ傑作集 1991
  • 『なぜ、本を読むのか 体験的読書論』アドバンテージサーバー ブックレット「生きる」 1993
  • 『ピンチはチャンス 子育てなんでも相談 小学生編』あすなろ書房 1994
  • 『子ども以上おとな未満 斎藤次郎の子どもなんでも相談 中学・高校生編』風媒社 1995
  • 『子どもを育てて働いて』フレーベル館 ワーキングマザーシリーズ 1995
  • 『子どもって、どうして… 斎藤次郎の子どもなんでも相談 幼児・小学生編』風媒社 1995
  • 『子どもびいき』KTC中央出版 1995
  • 『いじめと中学生 ひとりひとりにできること』明石書店 1996
  • 少年ジャンプの時代』岩波書店 子どもと教育 1996
  • 『気分は小学生 百石小学校四年竹組留学記』岩波書店 今ここに生きる子ども 1997
  • 『子どもの心探検隊』赤ちゃんとママ社 1998
  • 『「子ども」の消滅』雲母書房 1998
  • 『高校生なんでも相談』岩波ジュニア新書 2002
  • 『子どもと暮らすということ 子どもに寄り添うためのヒント』雲母書房 2004
  • 『ジローさんが答える小学生の親の悩み90 いろいろ大変、でも大丈夫』新紀元社 2004
  • 『友だちってなんだろう』学習研究社 はじめてのカウンセリング心のたんけん 2006
  • 『行きて帰りし物語 キーワードで解く絵本・児童文学』日本エディタースクール出版部 2006

共編著[編集]

  • 『元気が出る教育の話 学校・世の中・自分』森毅共著 中公新書 1982
  • 『電脳教育論 対談=斎藤次郎vs三宅なほみ・森毅vs三宅なほみ』日本ソフトバンク出版事業部 1987
  • 『同時代子ども研究』全6巻 高橋恵子波多野誼余夫共編 新曜社 1988
  • 『こんな教科書あり? 国語と社会科の教科書を読む』谷川俊太郎,佐藤学共著 岩波書店 今ここに生きる子ども 1997
  • 『子どもたちの世紀末』編 雲母書房 1998
  • 『この国は危ない 子どものことは子どもに習え』芹沢俊介共著 雲母書房 1998
  • 『こうすれば学校を救える』保坂展人,吉永みち子共著 風媒社ブックレット 2000
  • 『ヨムヨム王国 子どもの本のガイドブック』増田喜昭共編著 晶文社出版 2000
  • 『子どものスイッチ みんなもってるすてきなチャンネル』福尾野歩,増田喜昭共著 雲母書房 2003
  • 『子ども論の遠近法』芹沢俊介,野上暁共著 プラス通信社 子どもプラスBOOKS 2012

出典[編集]

  • 斎藤次郎『「私探し」の綱渡り: 現代の若者を解読する』(有斐閣、1988年)ならびに『子ども論の遠近法』(プラス通信社、2012年)著者略歴。

脚注[編集]