齋藤朔郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斎藤朔郎から転送)
移動先: 案内検索

齋藤 朔郎(さいとう きたろう、1900年1月31日 - 1964年8月9日)は、日本の裁判官弁護士最高裁判所判事大阪府出身。

経歴[編集]

1923年(大正12年)12月東京帝国大学法学部在学中に高等文官試験行政科・司法科の双方に合格し、翌1924年(大正13年)に東京帝国大学を卒業[1]

戦前、大阪地方裁判所民事部に勤務した後に、司法省民事局に出向して会社更生法の基礎を作成[1]1941年(昭和16年)8月に司法大臣官房人事課長となり、1945年(昭和20年)5月に満州国にて最高法院次長、司法部次長を務めた。敗戦によりシベリア抑留となる[1]

帰国後は一旦は弁護士になるが、1949年(昭和24年)4月に再び裁判官となり、東京高裁刑事部に勤務した[1]違法収集証拠排除の原則を示し、適正手続きを重視する姿勢を貫き、「斎藤さんのところは、よく無罪判決が出る」と噂された[1]

大阪高等裁判所部総括を経て、1956年(昭和31年)12月、参議院法制局長に就任[1]

1962年5月29日に最高裁判事に任命(第一小法廷に所属)。松川事件第二次上告審では無罪判決支持に立ち、有罪説の下飯坂潤夫と激しく論争した[2]

在任中の1964年8月9日に東京国立第一病院で胃穿孔正腹膜炎で64歳で死去[3]

著作[編集]

  • 「裁判と裁判官の中立性」法律時報26巻2号(1954年)
  • 「裁判官の良心」ジュリスト68号(1954年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)102頁
  2. ^ 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)104頁
  3. ^ 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)105頁