斎藤幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斎藤幸子(1967年)

斎藤 幸子(さいとう さちこ、米倉(よねくら)に改姓、1947年1月15日 - 2000年7月26日 )は、日本のスピードスケート選手。広島県出身。

東洋大学在学時の1968年グルノーブルオリンピックでは500m途中棄権、1000m26位、1500m18位。

三協精機入社後の札幌オリンピックでは500m9位、1000m18位だった。

全日本スピードスケート選手権大会では第33回、第37回、第38回、第40回と4度総合優勝。

外部リンク[編集]