斉藤知三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斉藤 知三郎(さいとう ともさぶろう、昭和22年(1947年) - 平成13年(2001年5月6日)は、日本実業家

来歴・人物[編集]

大昭和製紙2代目社長・斉藤了英の三男として静岡県吉原市(現富士市)に生まれた[1]早大理数科卒[2]大昭和製紙監査役を務めた[3]2001年(平成13年)5月6日胃がんのため東京都中央区の病院で54歳にて死亡[3]

家族・親族[編集]

知三郎は大昭和製紙創業者斉藤知一郎の孫にあたる[4]政治家斉藤滋与史と元大昭和製紙社長の斉藤喜久蔵は叔父[4][5]、政治家の斉藤斗志二は兄で元ジーク証券会長兼社長の斉藤四方司は弟[1][5]

妻は材木商・中曽根吉太郎の五女[1][2]。吉太郎の弟、すなわち知三郎の妻の叔父は元首相の中曽根康弘[1][2]。吉太郎の三女の夫、すなわち知三郎の義兄・川上冽は天文学者平山信の孫にあたる[1]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 佐藤『閨閥』、312-313頁、317頁。
  2. ^ a b c 佐藤『豪閥』、187頁。
  3. ^ a b 斉藤知三郎氏死去/大昭和製紙監査役
  4. ^ a b 佐藤『閨閥』、312-313頁。
  5. ^ a b 佐藤『豪閥』、184-185頁。