斉藤牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斉藤牧場(さいとうぼくじょう)は、北海道旭川市にある山地牧場。

概要[編集]

牧場主の斉藤晶(さいとう あきら、1928年-)が実践する独特の飼育方法「蹄耕法」が農業関係者から注目され、日本内外の研究者が数多く訪れる牧場となっている。敷地面積は第一、第二牧場併せて200ヘクタールあり、山の斜面に岩や切り株がそのまま残っていて、独特の風景が展開されている。立ち入りは自由で、市民に広く開放されている。

岩手県の中洞牧場の協力により、2004年に小さな牛乳加工プラントが出来た。 牧場で生産された牛乳はそのプラントで加工され旭川市旭山動物園などで販売されており、牛乳を使った杏仁豆腐やロールケーキといった製品も販売されている。

斉藤はモーニングに連載された菅原雅雪作『牛のおっぱい』の登場人物のモデルとなっている。

歴史[編集]

所在地[編集]

旭川駅から自家用車で25分。

参考文献[編集]

  • 斎藤晶 『牛が拓く牧場 - 自然と人の共存・斎藤式蹄耕法』 地湧社、1989年 ISBN 4885030757
  • 斎藤晶 『いのちの輝き感じるかい - 「牛が拓く牧場」から』地湧社、2002年、ISBN 4885031672
  • 野原由香利 『牛乳の未来』 講談社、2004年 ISBN 4062122987

外部リンク[編集]