齋藤ウィリアム浩幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斉藤ウィリアムから転送)
Jump to navigation Jump to search
齋藤 ウィリアム 浩幸
William Hiroyuki Saito
生誕 (1971-03-23) 1971年3月23日(47歳)[1][2]
アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス
住居 東京日本
国籍 日本
出身校 ダミアン高校[3]

齋藤 ウィリアム 浩幸(サイトウ ウィリアム ヒロユキ、William Hiroyuki Saito, 1971年3月23日 - )[4]は、カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれた[2]日系2世起業家である。

アメリカでの活動[編集]

両親が日本からアメリカへ移住した[5][6][2]

高校の同級生であるタス・ディエネス (Tas Dienes) と共にアイオー・ソフトウェア (I/O Software) の名の下、ソフトウェアの開発と販売を始めた。1987年にカルフォニア州にあるダミアン高校 Damien High School を卒業し、1988カリフォルニア大学リバーサイド校 (UCR) に入学した[7]。また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校1988年のリバーサイド共同生物医学プログラムを受講していた[8]

2000年5月、BAPIとその他アイオー・ソフトウェアの技術をWindows OSに組み込む契約交渉をマイクロソフトと行った。この技術のライセンス契約は最終的に世界で160以上の企業と結ばれ、米国規格協会 (ANSI) 及び国際標準化機構 (ISO) の規格となったという。 2004年12月、アイオー・ソフトウェアの技術はマイクロソフトに買収された[9]

日本での活動[編集]

2005年4月、株式会社フォーバルに入社、同6月に取締役副社長として就任するが[10]、2年後、関連会社の株式会社ジュリアーニ・セキュリティ&セーフティ・アジアの経営に従事する為として、2007年4月、取締役に就任[11]

2007年10月、活動の拠点となるコンサルティング会社インテカー (InTecur) を設立した。

2017年より株式会社日本航空の執行役員(非常勤)であった[12]

齋藤は世界経済フォーラム (WEF) で、2011年、ヤング・グローバル・リーダー[13]に選出され、グローバル・アジェンダ・カウンシル として特に女性のエンパワーメントに焦点を当てる委員会の委員、そしてグローバル・シェイパーズ・コミュニティ (GSC) 日本ハブの創設責任者に指名された[14]

2013年から内閣府の内閣府参与、2015年から文部科学省の教育政再生実行アドバイザー、2016年から経済産業省参与を務め、2020年夏季オリンピック・パラリンピック東京大会の科学技術タスクフォース構成員を務めた。[15]

2017年12月山本一郎氏よりUCLAの医学部卒業・サイバーセキュリティに関する一部実績において記事を掲載した。[16] 2017年12月21日の自身のブログで、公表されていた経歴に誤りがあり、UCLAは卒業しておらず医師免許の取得はしていないこと、I/O Softwareは事業全部の移転を行ったものの会社の売却は行っていないことを認めた。世耕経済産業大臣は雇用に際して提出された履歴書に改ざんはみられなかったと述べた。[17]

2017年12月13日付で自己都合にて内閣府参与、15日付で経済産業省参与を辞任した。なお、日本航空執行役員も22日付で退任した。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ William H Saito, California Birth Index, 1905-1995”. FamilySearch (1971年3月23日). 2018年4月2日閲覧。
  2. ^ a b c Nguyen, Hoang (2015年9月14日). “Teaching Japan to take more risks” (英語). BBC News. http://www.bbc.com/news/business-34122635 2018年4月2日閲覧。 
  3. ^ https://www.tokyoreporter.com/2018/01/05/university-attended-by-william-h-saito-says-he-did-not-graduate/amp/
  4. ^ http://press.jal.co.jp/ja/items/uploads/21f0dbe3d569bd293f230445f5cc6987fef0c9ff.pdf
  5. ^ http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/arikata/detail/1301456.htm
  6. ^ http://archive.is/L2ph9
  7. ^ https://issuu.com/dhsspartans/docs/the_laconian_may_2015
  8. ^ https://www.tokyoreporter.com/2018/01/05/university-attended-by-william-h-saito-says-he-did-not-graduate/amp/
  9. ^ https://news.microsoft.com/2000/05/02/microsoft-and-io-software-strengthen-industry-adoption-of-biometrics/
  10. ^ 有価証券報告書 ‐ 第26期(平成17年4月1日 ‐ 平成18年3月31日) 2006/06/26 IRライブラリ:有価証券報告書(株式会社フォーバル)
  11. ^ 2007年4月27日 役員人事のお知らせ 2007/04/27 ニュース&トピックス(株式会社フォーバル)
  12. ^ JALが「デジタルイノベーション部」新設、起業家の斎藤ウィリアム浩幸氏を招へい 2017/05/29 ITpro(日経コンピュータ)。
  13. ^ “List of 2011 Young Global Leaders Honourees”. 世界経済フォーラム. (2011年4月20日). http://www3.weforum.org/docs/WEF_YGL_Honourees_2011.pdf 
  14. ^ “Entrepreneur Of The Year”. アーンスト・アンド・ヤング. http://eoyhof.ey.com/SearchHallofFame.aspx 
  15. ^ [1]
  16. ^ 紺綬褒章、ダボス会議、経産省参与。齋藤ウィリアム浩幸氏の虚像と嘘 2017/12/9 Yahoo!ニュース
  17. ^ [2]

参考文献[編集]

  1. William Saito Homepage. http://www.saitohome.com/ 2017年9月29日閲覧。. 
  2. World Economic Forum. https://www.weforum.org/people/william-h-saito 2017年10月19日閲覧。. 
  3. Interpol World. https://www.interpol-world.com/william-h-saito 2017年10月19日閲覧。. 
  4. Windows Biometric Framework Windows Biometric Framework. http://www.microsoft.com/whdc/device/input/smartcard/WBFIntro.mspx Windows Biometric Framework 2017年9月29日閲覧。. 
  5. Stephanie Miles. “Microsoft eyes new security for Windows”. CNET News. http://news.cnet.com/Microsoft-eyes-new-security-for-Windows/2100-1040_3-239960.html%20 2017年10月19日閲覧。. 
  6. Business Editors. “Ethentica Fingerprint Authentication Solutions Primed for Microsoft Biometrics Endorsement”. BUSINESS WIRE. http://www.thefreelibrary.com/Ethentica+Fingerprint+Authentication+Solutions+Primed+for+Microsoft...-a065834902 2017年10月19日閲覧。. 
  7. Jathon Sapsford. “Microsoft to Use 'Biometric' Tools To Bolster Security for Windows”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB957215790509736611.html 2017年10月19日閲覧。. 

外部リンク[編集]