斉耀琳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斉耀琳
Qi Yaolin.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1863年同治2年)[1]
死去: 不詳
出身地: 清の旗 吉林将軍管轄区伊通県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 齊耀琳
簡体字 齐耀琳
拼音 Qí Yàolín
注音二式 Chí Yàulín
和名表記: せい ようりん
ラテン字 Ch'i Yao-lin
テンプレートを表示

斉 耀琳(せい ようりん)は清末民初の政治家。北京政府時代において地方官職を歴任した。震巖。弟は同じく清末民初の政治家である斉耀珊

事績[編集]

1895年光緒31年)、乙未科進士となり、翰林院庶吉士を授かった。以後、1905年光緒31年)に安徽按察使1909年宣統元年)に直隷提法使を歴任する。

1911年宣統3年)に江蘇布政使に任命されたが、直ちに河南布政使に変更された。辛亥革命勃発後の同年12月、河南巡撫に任命された。

1912年民国元年)3月、河南都督に任命された。しかしまもなく、中央の塩務大臣に異動した。1913年(民国2年)6月、吉林省民政長に転任する。翌年7月には江蘇巡按使に任命された。袁世凱が皇帝に即位した1915年(民国4年)12月、一等伯に封じられた。

1916年(民国5年)6月、江蘇省長(巡按使から改名)に引き続き任命される。1917年(民国6年)7月、一時的ながら、江蘇督軍代理をつとめた。1920年(民国9年)9月、省長を辞職した。

これ以後の、斉耀琳の動向は不詳である。

[編集]

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』2317頁による。Who's Who in China 3rd ed., p.160は、1864年生まれとする。

参考文献[編集]

 清の旗
先代:
宝棻
河南巡撫
1911-1912
次代:
-
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
(創設)
河南都督
1912年3月
次代:
張鎮芳