文錦渡口岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
文錦渡口岸
各種表記
繁体字 文錦渡口岸
簡体字 文锦渡口岸
拼音 Wénjĭndù Kŏuàn
発音: ウェンジンドゥ コウアン
英文 Wenjindu Control Point
テンプレートを表示

文錦渡口岸(ぶんきんと こうがん)は中華人民共和国広東省深圳市羅湖区香港特別行政区新界の間に位置する出入国検査場。国境開放時間は旅客は7:00から20:00、貨物は7:00から22:00

文錦渡口岸は改革開放以前に設置された2つの中港国境の一つであり、香港向けの生鮮食料品の輸出拠点として使用された。1978年に改革開放政策が採用されると、同年10月に自動車用橋梁が、1985年2月には新たな自動車専用橋梁が建設され、出入国車両がそれぞれ別の橋梁を利用して往来するようになった。2005年2月、深圳河の河岸工事に伴い旧橋梁は撤去され現在使用される橋梁の運用が開始された。

皇崗口岸の運用開始された1997年以降は貨物がそちらに分散されたこともあり、また旅行者にとり交通の便が悪いこともあり他の口岸に比べ閑散としている。

旅行者が国境を越える場合、徒歩での通関はできず連絡バスに乗ることになる。
2010年2月から、出入国検査場ビルの改装工事で閉鎖されていたが2013年8月下旬から再開された。

主要アクセス[編集]

深圳[編集]

  • 文錦渡バスターミナル:恵州市汕頭市廈門市等への中長距離便が運行されている
  • 無料シャトルバス:市内東門の麗都酒店、太陽百貨との間を連絡している

香港[編集]

  • 文錦渡快線:上水広場との間を連絡している
  • その他:上記以外に粉嶺、九龍塘等を連絡するバスが運行されている。

関連項目[編集]