文転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文転(ぶんてん)とは、理系課程で学ぶ者が、文系課程の専攻に鞍替えする行為を言う。

日本では、高校時点で自らの意思で理数系コースに進級した生徒が、理数系の数学等でつまずきはじめ、大学受験時に志望する学部を、理科系学部ではなく文科系学部にて受験する、といった消極的ニュアンスであることが多い。逆の事例は理転と呼ばれるが、一般的に理転をするには、現在の高等学校のカリキュラムでは困難を伴う場合が多いとされている。(以下を参照)

高等学校における文転[編集]

日本の普通高校教育課程では、高校2年時或いは3年時に生徒自身の決断によって、理科数学の多い理系コース、或いは英語国語社会等文科系科目の多い文系コースに進級する。高校によって違いはあるものの、学力、特に理数系の科目で苦手意識を持つに至った生徒が文系コースを選ぶなど消極的な選択理由も多い。

日本の多くの高校ではカリキュラム上理系コースに進んだ場合、理科の4科目である物理・化学・生物・地学の中から少なくとも2科目課され、数学は文系では履修しない数学Ⅲなどが課される。そのため更に急ピッチで理数系の授業をせざるを得ないため、その段階で特に物理、数学等でつまずく者が少なからず生ずる。高校次第では一旦理系コースに進級すると文系コースへの変更が認められないことが多くあり、彼等は理系コースでの理数系授業中に自発的に文系科目の勉強を行う(仮面文転)ため、大学は文系学部に進学してゆく。

コース分けが早過ぎるため、文系コースで学んだ者による商社等で要求される最低限度の科学技術に対する無知、無理解や理系コースで学んだ者による英語、国際情勢等に対する無知、無関心がしばしば実社会で弊害となっている。更に、高校での理系コース時点から学ぶ数学物理等の授業のスピードが速すぎたり、文系コースでは、大学受験のために、歴史等の社会科で膨大量の無意味な年号丸暗記教育がなされる弊害がある。

文系の私立大学は受験科目で地歴公民の代わりに数学を選択することが可能な学部(経済・商学系統など)を設置しているところがほとんどであり、数学が苦手な元理系の受験生でも歴史科目と比較するとより短期間での習得が容易な政治・経済や地理を受験することが可能な大学もある。

他分野において学位を取得した著名人(再入学含む)[編集]

関連項目[編集]