文浪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文浪(ぶんろう、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

喜多川歌麿の模倣者といわれる。姓名不詳。享和1801年1804年)期に歌麿風の錦絵の美人画を描いた。作品は「山姥と金太郎」がよく知られているが、半身で金太郎が鈴を持ち熊の人形を添えているところを描いたもので、山姥や金太郎の描写は歌麿による「山姥と金太郎」に描かれたものによく似ている。明らかに歌麿の作品を手本にして描いたことが明白である。また「男女鷹匠」という大首絵があるが、この人物の衣服の衣紋の描写は歌麿というより、菊川英山そのままの作風であって、英山も歌麿の晩年に近い作風を示した絵師であるが、歌麿風を消化して英山独自の画風を樹立している。文浪はまさにその時期の特徴を模しており、典型的亜流絵師の立場をとった者といえる。

作品[編集]

参考文献[編集]