文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文子』(ぶんし)は、中国古代の書籍のひとつ。『漢書』芸文志では道家に含める。『通玄真経』(つうげんしんけい)とも呼ばれる。

作者[編集]

『漢書』芸文志で班固は『文子』の著者を老子の弟子で孔子と同時代の人とする[1]。一方、『史記』貨殖列伝に范蠡とともに登場する計然(けいぜん)もまた文子といった[2]。この計然は計研[2]とも計倪[3]ともいう。李暹の『文子』注は計然と『文子』の著者である老子の弟子を同一人物とする[4]

『文子』の中に「平王問文子曰」という文があるのは上記と時代が合わず、班固は仮託であろうかと疑っている[1]

現代では『老子道徳経』は戦国時代の書と考えるのが一般的であるので、『老子』を引用する『文子』もそれ以降の書であり、孔子の同時代人や范蠡の師を著者とする説は成りたたない。

構成・内容[編集]

『文子』は『漢書』芸文志では9篇、『隋書』経籍志では12巻とする。現行本は「道原・精誠・九守・符言・道徳・上徳・微明・自然・下徳・上仁・上義・上礼」の12篇から構成される。

内容は『老子道徳経』を敷衍したものだが、文章の大部分が『淮南子』と共通する。

影響[編集]

玄宗は道教の科挙(道挙)を行い、「崇玄学」という学校を設けて、『文子』を『老子道徳経』『荘子』『列子』とともに学ばせた[5]天宝元年(742年)には文子を通玄真人、その書物を『通玄真経』と名付けた[6]

日本国見在書目録』に『文子』12巻が見え、日本にも早くから伝わっていた。江戸時代には入江南溟の校本が出版された[7]

注釈[編集]

李暹(北魏の人かという)の『文子』注が『新唐書[8]や晁公武『郡斎読書志』に見えるが、現存しない。

道蔵』洞神部玉訣類には唐の徐霊府(黙希子)による『通玄真経注』、宋の朱弁の注(7巻まで)、の道士である杜道堅による『通玄真経纘義』(文子纘義)が収録されている。

現代の注釈書に王利器『文子疏義』(中華書局2009)がある。

偽書説[編集]

上記のように班固がすでに仮託を疑い、柳宗元は「弁文子」を書いて他の書からの剽窃が多く、往々に文義が合わない箇所があるのを問題にした[9]の姚際恒『古今偽書考』は柳宗元に賛成し、全部が偽書とは言えないが、おそらく李暹が加えた他書からの内容が混ざっているとする[10]。清末の陶方琦は現行の『文子』のほとんどが『淮南子』からの引用であることを指摘し、『漢書』のいう『文子』とは異なり、魏晋以降の人が『淮南子』を剽窃して作ったものとした[11]

ところが、1973年に定県八角廊村(河北省定州市)の前漢中山懐王劉修の墓から『文子』の竹簡が発見され、その多くが現行本と一致したため、少なくとも魏晋以降の偽書とする説は成りたたなくなり、現在は再検討が行われている[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b 漢書』芸文志。「『文子』九篇(老子弟子、与孔子並時、而称「周平王問」、似依託者也)」
  2. ^ a b 『史記』貨殖列伝・范蠡「昔者越王句踐困於会稽之上、乃用范蠡・計然。」『集解』「徐広曰:計然者、范蠡之師也。名研。故諺曰:研桑心算。駰案:范子曰、計然者、葵丘濮上人。姓辛氏、字文子。其先晋国亡公子也。嘗南游于越、范蠡師事之。」なお『太平御覧』巻404・人事部45・師に引く司馬遷「素王妙論」にも同様の説明が見える。
  3. ^ 越絶書
  4. ^ 『郡斎読書志』道家類・李暹注文子十二巻「其伝曰:姓辛氏、葵丘濮上人、号曰計然。范蠡師事之。本受業於老子、録其遺言、為十二伝云。」
  5. ^ 旧唐書』玄宗本紀下「(開元)二十九年春正月丁丑、制両京・諸州各置玄元皇帝廟並崇玄学、置生徒、令習『老子』『荘子』『列子』『文子』毎年准明経例考試。」
  6. ^ 『旧唐書』玄宗本紀下「(天宝元年)荘子号為南華真人、文子号為通玄真人、列子号為沖虚真人、庚桑子号為洞虚真人。其四子所著書改為「真経」。」
  7. ^ 「文子 入江南溟校」『和刻本諸子大成』10、汲古書院1979年ISBN 9784762920639
  8. ^ 『新唐書』芸文志三・神仙「李暹訓註『文子』十二巻。」
  9. ^ 柳宗元辯文子」『柳河東集』巻四。
  10. ^ 姚際恒 『古今偽書考』文子。
  11. ^ 陶方琦 『漢孳室文鈔』巻二・文子非古書説。
  12. ^ 横手裕 『道教の歴史』 山川出版社2015年、36頁。ISBN 9784634431362

参考文献[編集]

外部リンク[編集]