文太俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
文太俊
誕生 1970年[1]
大韓民国の旗 韓国 慶尚北道金泉
職業 詩人
言語 韓国語
国籍 韓国
教育 東国大学校大学院
活動期間 1994年 -
ジャンル
代表作 「カレイ」
デビュー作 1994年「カレイ」
テンプレートを表示
文太俊
各種表記
ハングル 문태준
漢字 文太俊
発音: ムン・テジュン
英語表記: Moon-Taejun
テンプレートを表示

文太俊 (ムン・テジュン、문태준、1970年 –)は韓国詩人慶尚北道金泉(キムチョン)出身。[1]

略歴[編集]

文太俊の詩は、韓国の抒情詩の伝統的な系譜を継いでいるという評価を受けている。彼は、詩人の同僚から「今年の一番素晴らしい詩と詩人」として選ばれた。

彼は、個人がひそかに抱える傷を、温かい言葉で癒してくれる詩人である。激しい社会の暴力と抑圧のため、困窮に陥った人々に慰めの言葉を送る詩を発表している。

彼は何よりも対話を重要視している。存在と存在の間の十分な交流・交感を強調しており、主体と客体は分離されるのではなく一つになることを志向している。これらはやはり伝統的な抒情詩を継いでいるといえる。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

詩集

  • 2000年、『수런거리는 뒤란』(ざわめく裏手)[2]
  • 2004年、『맨발』(素足)
  • 2006年、『가재미』(カレイ)

散文集

  • 2007年、『포옹 – 당신을 안고 내가 물든다』(抱擁、あなたを抱きしめて私が染まる)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月10日閲覧。 한국문학번역원 문인 DB “문태준”검색 2014年閲覧。