文化パルク城陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文化パルク城陽(ぶんかパルク じょうよう)は、京都府城陽市にある複合文化施設。多目的コンサートホールの大小ホールのほかに、プラネタリウム、歴史民俗資料館、図書館、コミュニティセンターなどを併せ持つ。

概要[編集]

1995年竣工。設計は西村征一郎。

2018年2月、城陽市はNTTファイナンスに80億円で施設を売却し、市がNTTファイナンスから25年間賃借料年間約4億円で賃借し、期間後再び市に所有権を戻すセール・アンド・リースバック方式による契約を締結した[1]

住民から市の処分の無効確認を求める訴訟が起こされ、2019年5月に京都地裁は原告の訴えを却下し、2020年6月の大阪高裁でも一審判決が支持された[1]。2020年12月11日、最高裁は住民側の上告を棄却した[1]

施設概要[編集]

文化パルク城陽

敷地面積 18,146m2   延床面積 19,968m2

  • プラムホール(大ホール)
1,305席(うち車椅子席12) 3階席まで
音楽練習室、スタジオ、ビデオ編集室を併設。
  • ふれあいホール(小ホール)
標準で324席(うち1階250席は可動)。400席まで追加可能。
  • コスモホール(プラネタリウム)
252席(うち車椅子席6)
ドーム直径23m
  • 城陽市立図書館
図書およそ21万冊、および視聴覚資料を所蔵。
  • 城陽市歴史民俗資料館
  • 寺田コミュニティセンター

ほかに、プレイルーム、大小会議室、茶室、食事施設[2]など。

管理運営は公益財団法人城陽市民余暇活動センター。

所在地[編集]

京都府城陽市寺田今堀1

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 市施設「文化パルク城陽」売却無効訴訟、最高裁が住民側の上告棄却 京都新聞、2020年12月15日閲覧。
  2. ^ オープン当初は京都ロイヤルホテルのサービスを標榜したレストラン『花しょうぶ』(西洋フードシステムズが運営)。
    2014年の同社撤退に伴い、市内の飲食事業者が運営し地産地消にこだわる『星待ちキッチン』にリニューアルされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]