文化アパートメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
文化アパートメント
情報
用途 集合住宅
設計者 W・M・ヴォーリズ
施工 大林組
建築主 財団法人文化普及会
事業主体 財団法人文化普及会
管理運営 財団法人文化普及会
構造形式 鉄筋コンクリート造
延床面積 837坪 m²
状態 解体
階数 地下1階、地上5階[1]
竣工 1925(大正14)年
開館開所 1926(大正15)年
解体 1986(昭和61)年
所在地 東京都文京区元町一丁目五番地[2]
テンプレートを表示

文化アパートメント(ぶんかアパートメント)は、現在の東京都文京区にかつてあった共同住宅。1922年(大正11年)、森本厚吉が設立した財団法人文化普及会(文化普及會)によって建設された、日本初の洋式集合住宅である[3][4][5]。1926年(大正15年)12月に開館し、1943年(昭和18年)3月に閉鎖された[6]

概要[編集]

W・M・ヴォーリズによって設計され、施工は大林組。住居内はすべて純洋式。ベッド、椅子、テーブル、電話、ガス調理台、マントルピース、そして共用の施設として社交室、カフェ、食堂、店舗が用意され、エレベーター、焼却炉が備わっており、掃除・洗濯はメイドが行い、アパートよりもホテルの生活に近かった。[7][8]

戦後、進駐軍将校の宿舎として使われ、その後旺文社に売却され、日本学生会館として受験生や修学旅行生の都内宿泊施設として利用されたが、1986年昭和61年)に老朽化のため取り壊された。現在はイギリス人ノーマン・フォスターによる設計のセンチュリータワーとよばれるオフィスビル(1991年竣工)がその跡地に建設されている。

江戸川乱歩の作品で、名探偵明智小五郎が探偵事務所を開いていた「開化アパート」のモデルとしても知られる。[要出典]明智小五郎は東京都千代田区采女町の開化アパート2階に部屋を借りて、「明智小五郎探偵事務所」を開設、女助手の文代さん(後の妻)と助手の小林少年と暮らしていたとの記述がある。[9]

脚注[編集]

  1. ^ 着工直前の関東大震災の影響で、四階建てに変更。昭和7年になって、増築されて当初の予定通りの五階建てになった。服部岑生著『「間取り」の世界地図 暮らしの知恵としきたり』(2006年、青春出版社、76〜82ページ)
  2. ^ 現在の文京区本郷2-2-9
  3. ^ 文化アパートメントの生活 日本初めてのアパートメント・ハウス”. 新渡戸文化学園. 2013年12月28日閲覧。
  4. ^ 御茶の水の文化普及会文化アパート”. 大林組. 2014年1月7日閲覧。
  5. ^ 吉野作造と建築”. 吉野作造記念館. 2014年1月7日閲覧。
  6. ^ 森本厚吉年譜”. 新渡戸文化学園. 2013年12月28日閲覧。
  7. ^ 文化アパートメントの生活 経済的な生活”. 新渡戸文化学園. 2013年12月28日閲覧。
  8. ^ お茶の水文化アパートメント”. 一粒社ヴォーリズ建築事務所. 2013年12月28日閲覧。
  9. ^ 兇器 江戸川乱歩(昭和29年)に「采女町の開化アパートの二階へ引っ越しており、事務所兼住宅にしていた。」との記述がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]