敵、ある愛の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
敵、ある愛の物語
Enemies, A Love Story
監督 ポール・マザースキー
脚本 ロジャー・L・サイモン
ポール・マザースキー
原作 アイザック・バシェヴィス・シンガー
製作 ポール・マザースキー
製作総指揮 ジェームズ・G・ロビンソン
ジョー・ロス
出演者 ロン・シルヴァー
アンジェリカ・ヒューストン
レナ・オリン
マルガレート・ゾフィ・シュタイン
音楽 モーリス・ジャール
撮影 フレッド・マーフィ
編集 スチュアート・パップ
製作会社 モーガン・クリーク・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月13日
日本の旗 1990年7月13日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $7,754,571[1]
テンプレートを表示

敵、ある愛の物語』(原題:Enemies, A Love Story)は、1989年制作のアメリカ合衆国の映画

アイザック・バシェヴィス・シンガー原作の小説の映画化。ポール・マザースキー監督。第55回ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞(ポール・マザースキー)と助演女優賞レナ・オリン)を、第24回全米映画批評家協会賞で助演女優賞(アンジェリカ・ヒューストン)を受賞[2][3][4]

あらすじ[編集]

1949年ニューヨーク第二次世界大戦中のホロコーストで妻子を失ったポーランド出身のユダヤ人ハーマンは、自分を匿ってくれた命の恩人である女中のヤドウィガと結婚し、ラビのレンベックの事務所で働いていた。そんな彼には、やはりホロコースト生還者であるマーシャという愛人がおり、しばしば彼女と密会していた。

しかしある日、ハーマンの前に死んだはずの妻タマラが現れ、ハーマンは重婚状態となってしまう。ハーマンはマーシャを加えた3人の中からいずれを選ぶのか、究極の選択を迫られる事態に。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]