敬天新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
敬天新聞社

敬天新聞社(けいてんしんぶんしゃ)とは日本の右翼標榜暴力団新聞社であり、「敬天新聞」を発行している。社主は白倉康夫

6代目山口組舎弟で以前日本文化振興会の最高顧問も務めていた英五郎が名誉最高顧問を務める。指定暴力団山口組系。埼玉県戸田市に本拠を構え、「国士啓蒙運動」を唱えて「国賊は討て」のスローガンのもと、新聞紙・web・街宣活動で政・財・官を批評する。

1996年11月20日に創刊されて以来ほぼ毎月1回発行されており、発行号は170号を超える。定価は1部980円。年間購読料は個人で1万円、法人で3万円。

白倉と社員は2008年9月14日、新宿の百貨店で幼児用英語教材販売会社のイベントを中傷チラシを捲いて妨害し、偽計業務妨害の疑いで逮捕される[1][2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]