散り行く花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
散り行く花
Broken Blossoms
監督 D・W・グリフィス
脚本 D・W・グリフィス
原作 トーマス・バーク
製作 D・W・グリフィス
出演者 リリアン・ギッシュ
リチャード・バーセルメス
撮影 G・W・ビッツァー
編集 ジェームズ・スミス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 大正活動映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1919年5月13日
日本の旗 1922年4月
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

散り行く花』(ちりゆくはな、英語: Broken Blossoms)は、D・W・グリフィス監督による1919年公開のアメリカ合衆国サイレント映画である。主演はリリアン・ギッシュリチャード・バーセルメス

略歴・概要[編集]

トーマス・バークの短編小説集『ライムハウス夜景集』の一遍『中国人と子供』を映画化したものである。

ロンドン・ライムハウスを舞台に、15歳の少女ルーシー(リリアン・ギッシュ)と中国人青年チェン・ハン(リチャード・バーセルメス)の儚い恋と死を描く悲劇。

全編を通じ、美しい映像・詩情にあふれた無声映画の傑作。本作により、映画は第八芸術となりえた、とまで評価された。ユナイテッド・アーティスツ(UA)の第一回配給映画でもある。

本作は2010年現在、著作権の保護期間の満了したパブリックドメインであり、インターネット・アーカイヴで全篇ダウンロードすることが可能である[1]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

仏教を広めるため、中国からロンドンに渡った中国人青年チェン・ハンは、しかし厳しい現実に直面し、スラム街で店番をしながら阿片を吸うような生活を送っていた。同じスラム街で暮らす少女ルーシーは、ボクサーである父親バロウズから日常的に虐待を受けていた。ルーシーは笑うことを知らず、父親から笑顔を要求されると、指で唇の両端を持ち上げるほどであった。ある日、父親からひどく殴られたルーシーはチェンに助けられ、彼の部屋でつかの間の安らぎを得る。二人の間にはロマンティックな感情が芽生え始めるが、二人のことを聞いた父親は怒り、ルーシーは力ずくで連れ戻されてしまう。

[編集]

外部リンク[編集]