救難消防車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
空港用化学消防車 > 救難消防車
救難消防車(I型)
救難消防車II型
救難消防車IB型
(グローバル・ストライカー、オシュコシュ社製)
福島第一原子力発電所事故での使用済み核燃料プールへの放水作業(2011年3月)

救難消防車(きゅうなんしょうぼうしゃ)は、陸上自衛隊[1]が装備する空港用化学消防車の名称。駐屯地飛行場での航空事故(主にヘリコプター)において、火災を消し止めて搭乗員を救出する救難用の車両である。

従来の倍以上の水槽を装備した救難消防車II型[2]が登場しており、従来型は救難消防車I型とも呼称されている[3]。II型は2011年福島第一原子力発電所事故での放水にも出動した[4]福島第一原子力発電所事故の経緯#3月17日参照)

2013年頃より、アメリカのオシュコシュ社製グローバル・ストライカーが輸入され、5000L級救難消防車IB型として配備が始まっている。救難消防車IB型は救難消防車Ⅱ型とともに陸上自衛隊だけでなく、航空自衛隊海上自衛隊でも運用されている。

諸元[編集]

  • 全高:3350mm
  • 全長:8160mm
  • 全幅:2495mm
  • 最高速度:約100km/h
  • 出力:310ps
  • 全備重量:8980kg
  • タンク容量:約1900L(水)、約120L(化学剤)
  • 噴射時間(化学剤):約3分
  • 化学剤到達距離:約40m

製作[編集]

オシュコシュ社製グローバル・ストライカー:[編集]

第一実業株式会社が輸入し、日本機械工業株式会社において国内仕様に改修、販売している。

脚注[編集]

関連項目[編集]