救仁郷繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

救仁郷 繁(くにごう しげる、1907年3月6日[1] - 2001年5月26日[2])は、日本翻訳家経済学者

北海道札幌市生まれ。北海道帝国大学農学部農業経済学科卒。1962年「西ドイツの農業経済」で北海道大学農学博士ソ連の農業経済などに関する著作を翻訳した。

著書[編集]

  • 『西ドイツの農業経済』農林水産業生産性向上会議 世界農業経済概観 1960
  • 『北大文武会事件の回想 一九二八年の全学ストライキの記録』みやま書房 1981
  • 『評伝千葉七郎 明治生れの教師の残した道標』網走学園網走高等学校 1987

共著など[編集]

  • 『救仁郷家概史』救仁郷建共著 救仁郷建 1974
  • 救仁郷断二『大崎町史 古代-幕末編 新訂』救仁郷建共校訂 至言社 1997

翻訳[編集]

  • アインチヒ『世界財政・金融年報 1』渋川貞樹共訳 叢文閣 1938
  • E.シエルベニンク『戦時産業動員論 各国産業動員計画』渋川貞樹共訳 白揚社 1939
  • A.チシュカ『二十億人のパン 世界の食糧栄養問題』万里閣 1940
  • アインチッヒ『世界政治・金融年報 第2輯(1940年度) (欧洲大戦の解剖)』渋川貞樹共訳 白揚社 1940
  • ケインズ『戦費と国民経済』東亜書局 1940
  • ジョン・フレデリック・チャールズ・フラー『全体主義戦争論 伊・エ戦争の分析と将来戦』渋川貞樹共訳 高山書院 1940
  • ニコル・スミス『滇緬公路 雲南・ビルマルート視察記』万里閣 1940
  • E.ワーゲマン『独逸経済の理論 巨額の戦費はどこから出るか?』東亜書局 1940
  • W.クラウス編『ナチス農業政策』渋川貞樹共訳 三省堂 1941
  • W.グレッツァー『蘭印の農業経済 その基礎と発展傾向』白揚社 1941
  • アントン・チシュカ『科学は独占を破る』那珂書店 1943
  • ハンス・ハルトマン『石炭は世界を支配する』那珂書店 1944
  • ワルター・ホーファー『ナチス・ドキュメント 1933-1945年』論争社 1960 ぺりかん社、1975
  • トロツキー選集 第3 左翼反対派の綱領』現代思潮社 1961
  • アーサー・M・シュレジンガーローズヴェルトの時代 第1 旧体制の危機 1919-1933』論争社 1962
  • エフゲニー・プレオブラジェンスキー『新しい経済 ソビエト経済に関する理論的分析の試み』現代思潮社 1967
  • コミンテルン・ドキュメント 第1 (1919-1922)』ジェーン・デグラス編著 荒畑寒村, 大倉旭共訳 現代思潮社 1969
  • ケインズ『説得評論集』ぺりかん社 1969
  • ブハーリン著作選 第1 (過渡期経済論)転形過程の一般理論』現代思潮社 1969
  • ツガンーバラノフスキー『英国恐慌史論 新訳』ぺりかん社 1972
  • ケインズ『講和の経済的帰結』ぺりかん社 1972
  • ホルスト・ドゥーンケ『ドイツ共産党 1933-45年』ぺりかん社 1974-75
  • プレオブラジェンスキー『新しい経済 ソビエト経済に関する理論的分析の試み』現代思潮社 1976
  • ジョン・ルカーチ『大過渡期の現代』ぺりかん社 1978
  • エーリッヒ・アイク『ワイマル共和国史』全4巻 ぺりかん社 1983-89
  • エーリッヒ・アイク『ビスマルク伝』第1-2巻 ぺりかん社 1993-94

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『人物物故大年表』