故郷 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
故郷
監督 山田洋次
脚本 山田洋次、宮崎晃
原作 山田洋次
製作 島津清
出演者 倍賞千恵子
井川比佐志
笠智衆
渥美清
音楽 佐藤勝
主題歌 加藤登紀子『風の舟唄』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巖
配給 松竹
公開 1972年10月28日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作家族
次作遥かなる山の呼び声
テンプレートを表示

故郷』(ふるさと)は、1972年に、松竹が制作、公開した山田洋次監督の作品。いわゆる民子三部作(1970年の『家族』、1972年の『故郷』、1980年の『遙かなる山の呼び声』)の第二作。

解説[編集]

瀬戸内海の小島で石の運搬をしている一家が工業化の波に押され、島を出て新天地で暮らすことを決断するまでを描いた作品。舞台となった広島県倉橋島(現呉市)に長期滞在し、島の住民を多く登場させるなど、『家族』同様ドキュメンタリーの手法も交えて撮った。

山田洋次監督作品で、初めてエンドクレジットロール(縦)を使用している作品である。

物語[編集]

瀬戸内海の小島、倉橋島に住む精一、民子の夫婦は小さな古い砂利運搬船で石を運び、生計を立てていた。しかし、船のエンジンの調子が悪く、さらに荒れた海に出た日に船体も壊れてしまう。すでに耐用期間も過ぎた船体の修理には精一にとっては多額の費用が必要であった。今後の生活を悩む中、尾道市にある鉄工所を見て、故郷を捨てる決心をする。

スタッフ[編集]

  • 監督・原作:山田洋次
  • 製作:島津清
  • 脚本:山田洋次、宮崎晃
  • 撮影:高羽哲夫
  • 音楽:佐藤勝
  • 主題歌:「風の舟唄」(歌:加藤登紀子
    • 作詞:加藤登紀子/作曲・編曲:佐藤勝
  • 美術:佐藤公信
  • 録音:中村寛
  • 調音:松本隆司
  • 照明:飯島博
  • 編集:石井巌
  • 監督助手:五十嵐敬司
  • 装置:小野里良
  • 装飾:町田武
  • 進行:福山正幸
  • 衣裳:東京衣裳
  • 現像:東洋現像所
  • 製作主任:池田義徳
  • 操船指導:大和丸 桝本伊和巳 桝本浄
  • 映倫:17365

 

  

スタッフ本編クレジット表記順 

 

出演[編集]

関連項目[編集]