故郷に帰りたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
故郷に帰りたい
ジョン・デンバーシングル
収録アルバム Poems, Prayers & Promises
B面 Poems, Prayers and Promises
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル カントリー・ポップ
時間
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 ジョン・デンバー
ビル・ダノフ
タフィー・ナイバート
プロデュース ミルト・オクン
スーザン・ラスキン
ゴールド等認定
ゴールドディスク
チャート最高順位
ジョン・デンバー シングル 年表
Friends With You
(1971年)
故郷に帰りたい
(1971年)
Everyday
(1972年)
ミュージックビデオ
「Take Me Home, Country Roads」 - YouTube
テンプレートを表示

故郷に帰りたい」(こきょうにかえりたい、: Take Me Home, Country Roads)は、アメリカ合衆国のポピュラー・ソング。

ジョン・デンバーの曲として1971年に発売され、ビルボードで全米2位の大ヒットとなった。作詞・作曲は、ジョン・デンバー、ビル・ダノフ(Bill Danoff)、タフィー・ナイバート(Taffy Nivert)による共作。現在では多くのミュージシャンによってカバーされている。

概要[編集]

ジョン・デンバーの代表曲であり、歌詞に繰り返しウェストバージニア州が登場することから、ウェストバージニア州の代名詞的な楽曲ともなっている。2014年に公式にウェストバージニア州の4番目の州歌となった[1]

ただし、「Almost heaven, West Virginia. Blue Ridge Mountains, Shenandoah river」と歌われるブルーリッジ山脈は全くウェストバージニア州を通っておらず、シェナンドー川もわずかにウェストバージニア州にかかるだけで、そのほとんどは隣のバージニア州を流れている。ジョン・デンバーらは、当時そのことを確かめずに発表してしまったらしいが、ウェストバージニア州内でも、ハーパーズ・フェリーという町からは、実際にブルーリッジ山脈とシェナンドー川の両方を一望できることをファンに教えてもらい驚いたというエピソードがある[2]

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Country Roads now official state song”. West Virginia MetroNews Network (2014年3月7日). 2014年10月5日閲覧。
  2. ^ 大竹サラ『地球道草アンダンテ』小学館 2005年(平成17年) ISBN 978-4-09-130079-9 p50-51 ビル・ダノフの書簡和訳
  3. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  4. ^ Ray Charles - A Message From The People (Vinyl, LP, Album) at Discogs