政教一致

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

政教一致(せいきょういっち)とは、政教分離の対語(造語)で、政治宗教、または教会国家が分離されずに一体化した統治体制の型。政教一致には、教会国家型(Church-State)と国家教会型(State-Church)とがある[1][2]。教会国家主義と国家教会主義ともいわれる[2]

教会国家(Church-State)[編集]

教会国家型においては、宗教が世俗領域に権威や権力を持つ[1]。ヨーロッパの教会やシャリーアを奉じるイスラム世界などがある[1][3]

教会国家主義には神権政治(テオクラシー)やアウグスティヌスの普遍教会などの思想がある[2]

国家教会(State-Church)[編集]

広義における国家教会型(State church)では、国家がキリスト教を唯一の正当な宗教として指定し、教会を国家の一機関としてその運営を支配しており、このため教会が国家に従属した状態を指す[4]。この例としてはローマ帝国、中世神聖ローマ帝国のシャルルマーニュ(カール大帝)朝やオットー朝、ザリエル朝東ローマ帝国(ビザンチン)などがある[4]

狭義の通常の意味での国家教会型は、宗教改革期に成立し、絶対主義時代に頂点を極めた国家主導型の国家・教会関係、と定義される[4]。例としてはフランスのフィリップ4世シャルル7世、ドイツのルートヴィヒ4世が先駆的だが、宗教改革以降が決定的である[4]。また、国家教会型に近代日本を入れることもある[1]

国家教会主義には、国家主権の優位性を唱えたスイスのエラストスや、イングランド国教会がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 岩井淳「政教分離」歴史学事典第11巻 宗教と学問,2004年、弘文堂、p.399-400。
  2. ^ a b c d 中野毅「政教分離・政教一致」宗教の事典(朝倉書店)pp.862-864.
  3. ^ 「政教一致」歴史学事典,弘文堂
  4. ^ a b c d 「国家教会」新カトリック大事典3、研究社 p.905-906.

関連項目[編集]