国庫短期証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
政府短期証券から転送)
移動先: 案内検索

国庫短期証券(こっこたんきしょうけん、英:Treasury Discount Bills : T-Bill)は、日本国債の一種で、日本政府が一時的に生じる資金不足を補うために発行する。外国為替平衡操作に使われるケースも多い。

しばしば証券会社のマネー・マネジメント・ファンドマネー・リザーブ・ファンドの運用に組み入れられている。

概要[編集]

償還までの期間は2か月程度、3か月、6か月、1年の4種類。割引債として発行される。1999年に前身である大蔵省証券・外国為替資金証券・食糧証券の3つが統合して政府短期証券となった。2009年2月からは政府短期証券 (英Finance Bills:FB)と割引短期国庫債券(英Treasury Bills:TB)について、市場流通における名称を国庫短期証券に統合した。

入札の資格は日本銀行銀行証券会社生命保険会社等の金融機関に限定されていて、個人は入札・購入ともにできない。入札単位は額面1,000万円である。入札によって決定した発行価格はの単位まで設定される。

税率18パーセントの源泉分離課税(法人所得税15パーセント+法人住民税5パーセント)。購入時に償還差益に対して課税される。償還差益は購入額と償還額の差益である。

外部リンク[編集]