政井貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まさい たかこ
政井貴子
生誕 (1965-03-08) 1965年3月8日(53歳)
愛媛県
国籍 日本の旗 日本
出身校 実践女子大学
法政大学大学院経営学研究科修士課程
職業 日本銀行政策委員会審議委員

政井 貴子(まさい たかこ、1965年3月8日 - )は、日本実業家日本銀行政策委員会審議委員。新生銀行執行役員 市場営業本部市場調査室長、新生銀行執行役員 金融調査部長などを歴任した。愛媛県出身。

本名は西田貴子(にしだたかこ)。国会や辞令などでは西田姓が使用されている[1]。  

経歴[編集]

愛媛県出身。実践女子大学文学部卒業後、1988年、ノヴァ・スコシア銀行東京支店に入行。2007年、法政大学大学院経営学研究科修士課程修了後、新生銀行キャピタルマーケッツ部部長に就任。2013年、同銀行の執行役員となった。[2]

2016年4月19日、安倍内閣が6月29日で任期満了となる石田浩二審議委員の後任に、新生銀行執行役員の政井貴子を起用する人事案を国会に提示。5月12日、衆議院で採決が行われ賛成多数で同意。5月13日、参議院で採決が行われ賛成多数で同意した[3]

2016年6月30日、日本銀行政策委員会審議委員に就任[4]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

日銀政策委員会審議委員として[編集]

2016年6月30日、審議委員に就任[6]

就任後、初めて出席した2016年7月28日・29日の金融政策決定会合では、量的・質的金融緩和政策マイナス金利を適用する金利政策、ETF(上場投資信託)買入れ額を倍増する金融緩和の強化に賛成した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 議事経過 第190回国会衆議院 2016年5月12日
  2. ^ 政策委員会審議委員:政井貴子日本銀行 2016年6月30日
  3. ^ 政井貴子氏、日銀・審議委員に就任Qnewニュース 2016年7月3日
  4. ^ 審議委員の発令について日本銀行 2016年6月30日
  5. ^ 政策委員会審議委員:政井貴子日本銀行 2016年6月30日
  6. ^ 審議委員の発令について日本銀行 2016年6月30日
  7. ^ 金融政策決定会合、ETF買入れ額を倍増Qnewニュース 2016年7月29日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]