放射化分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

放射化分析(ほうしゃかぶんせき、Activation Analysis)は、放射性同位元素を利用した分析方法の1つ。試料に荷電粒子γ線中性子などを照射し、目的とする元素を人工放射性元素に変換し、それの放射能の性質(種類や強さなど)を測定し、もとの元素の定量、定性などを行う分析法である。微量成分の分析法としてとても優れているため、よく、利用されている。

関連項目[編集]