擬革紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

擬革紙(ぎかくし)は、表面に凹凸を付け、のような風合いに加工した和紙三重県指定伝統工芸品

概要[編集]

擬革紙は、江戸時代1684年貞享元年)に、油紙屋の三島屋(現・三重県多気郡明和町新茶屋)の初代堀木忠次郎がヨーロッパから輸入された装飾革(金唐革)を模して製作したのがはじまりとされる[1]。特に伊勢国周辺では神宮参拝の身支度や土産用の品として擬革紙を使った煙草入れが流行した[2]

擬革紙の製造は、昭和初期まで三重県の櫛田(現・松阪市)から宇治(現・伊勢市)にかけての伊勢街道沿いにおける一大地場産業であったが、時代の変遷とともに衰退していった[1]

近年、三重県度会郡玉城町を拠点とする「参宮ブランド擬革紙の会」がこの技法を復興し、資材はできる限り三重県産のものを使用し、和紙は伊勢和紙を使用している[1]。この伊勢和紙を使用した製品に限り2013年に三重県指定伝統工芸品の認定を受けている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 百五銀行. “いま、グループネット / 参宮ブランド 擬革紙の会 (PDF)” (日本語). 百五銀行. 2017年1月18日閲覧。
  2. ^ 三重県まちかど博物館. “三重の伝統工芸品(伊勢志摩地域)” (日本語). 三重県庁. 2017年1月18日閲覧。
  3. ^ 三重県庁 雇用経済部 地域資源活用課 伝統産業・地域資源活用班. “三重の伝統工芸品(伊勢志摩地域)” (日本語). 三重県庁. 2017年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]