擂り流し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
枝豆の擂り流し

擂り流し(すりながし)は日本料理で、魚介類や、枝豆銀杏豆腐などを、よく擂り潰し、だしでのばして汁物にしたもの。擂り流し汁ともいう。[1][2]

調理法[編集]

南瓜の擂り流し[2]

  1. 南瓜は適当な大きさに切り、皮を剥く。
  2. 南瓜を強火で柔らかくなるまで蒸して、裏漉す
  3. だしを取り、南瓜を加えて、味噌で味付ける。
  4. 胡麻豆腐は賽の目に切り、汁で温める。
  5. に盛り付けからしを加えて提供する。

出典[編集]

  1. ^ 広辞苑第5版
  2. ^ a b 『四季日本の料理 夏』講談社 ISBN 4-06-267452-1

参考文献[編集]

関連項目[編集]