播磨臨海工業地帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

播磨臨海工業地域(はりまりんかいこうぎょうちいき)は、姫路市加古川市等の播磨地方の湾岸を埋め立てて造成された工業地域姫路港東播磨港を有し、化学鉄鋼等の工場発電所などが立地。特に高度成長期以降の日本経済の牽引車として大きな役割を果たしてきた。

姫路市・加古川市・高砂市の3市の製造品出荷額は、約2兆9000億円。事業所数は、約2000。従業者数は、約7万4千人である。(平成16年工業統計表より。)

歴史[編集]

姫路市広畑の沿岸部には、戦前からダイセル日本製鐵の工場などが立地していた。1964年、国が播磨地区を工業整備特別地域に指定。1967年には姫路港が特定重要港湾に指定されて港湾整備が進められ、工業地帯として発展してきた。

事業所のある主な企業[編集]

高度成長期の面影が色濃い播磨臨海工業地帯
姫路第二発電所

脚注[編集]

関連項目[編集]