撫養川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
撫養川
Muya-gawa.jpeg
吉永橋より撮影。
水系 一級水系 吉野川
種別 一級河川
延長 4.3 km
水源 旧吉野川より分流
河口・合流先 小鳴門海峡
流域 徳島県鳴門市
テンプレートを表示

撫養川(むやがわ)は、徳島県鳴門市を流れる吉野川水系一級河川である。

地理[編集]

旧吉野川上流部より分流し、鳴門市街地を通り小鳴門海峡に合流する感潮河川。

小鳴門海峡に面する河口付近の撫養港では、市街地の両岸を結ぶ文明橋付近の林崎港とともに、徳島藩政期には吉野川筋の内陸河川航路と海上航路の接点に位置する商港として栄えた。

明治中期以降は、撫養文明橋と徳島市新町橋を結ぶ早船や巡航船の航路として利用された。現在は文明橋と小鳴門海峡間の西岸が港としての機能を果たしている。

沿岸は本来は低湿地で、北半の多くは藩政期に塩田として開発され、撫養塩田の一部を形成していたが、製塩法の変化に伴い昭和40年代に廃止された。その後、埋立が完成し市街地域に変容しつつある。南半の沿岸も埋め立てられ、工場や運動公園敷地となる一方、畑地となり夏はサツマイモ、冬はダイコンの主要地を形成している。

河川沿いには撫養川親水公園があり、ドイツの童話作家グリム兄弟の童話をモチーフにしたレリーフが並ぶ。毎年夏には撫養川沿いで徳島県下最大規模の花火大会「鳴門市納涼花火大会」が開催される。

支流[編集]

橋梁[編集]

  • 文明橋
  • 撫養川大橋

流域の主な施設[編集]

参考文献[編集]