撤回監視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
撤回監視 "Retraction Watch"
創立者 アイヴァン・オランスキー(Ivan Oransky)とアダム・マーカス(Adam Marcus)
団体種類 出版後査読(post-publication peer-review)
設立 2012年8月
所在地 米国北東部
主要人物 アイヴァン・オランスキー(Ivan Oransky)、アダム・マーカス(Adam Marcus)
主眼 撤回論文のデータベース化と論文の撤回問題の議論を通して公正な学術体制のあり方を推進
活動内容 学術論文の撤回を報告・分析・議論する
活動手段 ブログ
標語 Tracking retractions as a window into the scientific process
ウェブサイト http://retractionwatch.com
テンプレートを表示

撤回監視(てっかいかんし、: Retraction Watch)は、学術雑誌に掲載された論文撤回を報告・分析・議論するブログで、出版後査読(post-publication peer-review)の1つである。

2012年8月、米国の2人の科学ジャーナリスト、アイヴァン・オランスキー(Ivan Oransky、医学誌の副社長・兼・編集長、医師免許所持者)[1]とアダム・マーカス(Adam Marcus、医学誌の編集長)[2]が創始した[3]

活動[編集]

ブログ記事に、撤回論文の著者の顔写真または関連写真を載せ、撤回論文の書誌情報、経緯、撤回理由、撤回状況を記述している。研究機関の調査報告書、裁判結果も記述している。事態の詳細を探るため、撤回論文の著者・関係者、論文掲載誌の編集長に問合せ、返事のメールも掲載する。

その記事に読者が実名・匿名(ハンドルネーム)でコメントできる。誰でも登録なしでコメントできるが、主に学術研究者と思われる。コメントは査読され、即時掲載されない。採択されない場合もある[4]

特徴を箇条書きにすると以下のようだ。

  • 撤回論文データベースとしては世界で唯一。
  • 撤回論文のデータベース化と撤回論文の報告・分析・議論を通して公正な学術体制のあり方を推進している。
  • すべての分野の撤回論文を扱うが、生命科学論文が多い。
  • 閲覧と登録は無料。
  • 英語

脚注・文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]