揚琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
揚琴
Yangqin1.jpg
揚琴
各種表記
繁体字 揚琴
簡体字 扬琴
拼音 yángqín
発音: ヤンチン
日本語読み: ようきん
テンプレートを表示

揚琴ようきん)は、中国の伝統的な打弦楽器の一種である。ごろに西方から伝わった[1]日本でも明清楽で使われた。

洋琴楊琴とも書く。

概要[編集]

弦楽器の一種で、の木から作った台形の木に、144本のを張ったものである。これを2本の竹のバチで叩くことによって音が出る。

世界には、同様な楽器としてイランサントゥールハンガリーなど東欧のツィンバロム、北米の(ハンマー・)ダルシマーなどがある。

揚琴の演奏者と音源[編集]

  • 金亜軍
    • THE THIRD MAN(全15曲)
    • 上海ウェイブ(全5曲)
    • 唐人(全9曲)
  • 王林
    • 中国名曲演奏集(全16曲)
    • 民族音楽1 王林の揚琴世界(全13曲)
  • 友枝良平
    • 揚琴 Solo Yang-Chin(全7曲)
  • 郭敏
    • 月韻YueYun(全8曲)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中国音楽詞典』 人民音楽出版社、1985年、450-451頁。