推背図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

推背図(すいはいず、簡体字:推背图、繁体字:推背圖)は、中国に伝わる讖緯(予言)書。[1]の李淳風と袁天罡によるものとされる[2]

概要[編集]

『中國預言七種』1915年、上海中華書局文明書局発行(画像は書物のPDFファイルの表紙:リンク先で当時の印字内容が確認できる)

中国の七大予言書の1つとされている[3]

書は十干十二支の六十の干支で象徴した六十象からなる。各象には易の卦や図や歌があり、そこから内容を読み解いていく[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]