探偵オペラ ミルキィホームズ 2 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Project MILKY HOLMES > 探偵オペラ ミルキィホームズ 2 (漫画)
Project MILKY HOLMES
ジャンル ファンタジー
漫画:探偵オペラ ミルキィホームズ 2
原作・原案など 企画・原作:
ブシロード
クロノギアクリエイティヴ
作画 刻田門大
出版社 角川書店
掲載誌 月刊コンプエース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2011年12月号 - 連載中
巻数 2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

探偵オペラ ミルキィホームズ 2』は、刻田門大による日本漫画。『月刊コンプエース』(角川書店)において、2011年から連載されていた。

概要[編集]

ブシロードが展開するメディアミックス企画「Project MILKY HOLMES」の一環として、探偵を目指す4人の少女の成長を描いた漫画である。近未来の「偵都ヨコハマ」に設立された探偵養成学校「ホームズ探偵学院」を舞台に、不思議な力「トイズ」を駆使した物語が展開される。

刻田門大により、『月刊コンプエース』の2011年12月号から連載されている[1]。また、単行本は「角川コミックス・エース」のレーベルに収録されている[2]奥付クレジット表記としては、ブシロードとクロノギアクリエイティヴが「企画原作」として記載されている。また、刻田については「漫画」とクレジット表記されている[註釈 1]。なお、単行本の1巻にはブシロードが手がけるトレーディングカードゲームヴァイスシュヴァルツ」のカードおまけとして封入されているなど、同社の他事業とのコラボレーションも積極的に試みられている。

あらすじ[編集]

21世紀の「偵都ヨコハマ」を舞台とする[3][註釈 2]。トイズという不思議な力を持った者は、怪盗と探偵に分かれて互いに相争っていた。そんななか、探偵養成学校「ホームズ探偵学院」に入学した「シャーロック・シェリンフォード」「譲崎ネロ」「エルキュール・バートン」「コーデリア・グラウカ」の4名は、探偵チーム「ミルキィホームズ」を結成し、指導教官「小林オペラ」不在のなか、探偵を目指して努力していた[4]。ところが、学院の生徒会長である「アンリエット・ミステール」が突如姿を消し、その結果、新たに「ジョセフィーヌ・ミステール」が生徒会長に就任することとなった[5]。また、ミルキィホームズの前に新たな怪盗「カリオストロ」が立ちふさがり[6]、ミルキィホームズの4名はなすすべなく敗れるのだった[7]。そのころ、警察官「神津玲」の思惑により、転校生として「エラリー姫百合」が学院の「指揮コース」に送り込まれるのだった[8]

Project MILKY HOLMESはさまざまな作品を展開しているが、全作品の原作に当たるゲーム版と、そこから派生したアニメ版とでは、設定に若干の相違がある。本作では、ゲーム版のみに登場する「怪盗L」に言及するシーンや[9]、同じくゲーム版のみに登場する神津が学院に姿を現すなど[10]、おおむねゲーム版に則った設定となっている。作中では、コーデリアがシャーロック、ネロ、エルキュールを相手に真剣にトイズの闘いを挑んだり、宝物を盗もうとした怪盗「トゥエンティ」の変装を見破って撃退するなど、アニメ版に比べれば比較的シリアスなストーリーが展開される。

漫画を担当する刻田自身も「ゲームのほうのミルキィホームズ2のコミカライズ」[11][註釈 3]だとはっきりと明言しており、本作の設定は、ゲーム版の『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』に準拠していることが明らかになっている。なお、ゲーム版『探偵オペラ ミルキィホームズ2』の新主人公である「エラリー姫百合」や、同じくゲーム版の新キャラクターである「ジョセフィーヌ・ミステール」「カリオストロ」も登場しており、ゲーム版の発売に先んじて登場することとなった。ただ、設定は共有するものの、ストーリーの具体的なエピソードなどはゲーム版と完全一致するわけではなく、オリジナル展開もふんだんに盛り込まれている。また、『月刊コンプエース』には、かつて水島空彦による漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ』が連載されていたが、本作のストーリーと水島による漫画のストーリーとの間には、直接的な連動はない。

登場人物[編集]

本作は、ホームズ探偵学院に通う4名の女子学生によって結成された「ミルキィホームズ」、学院の指揮クラスに編入してきたエラリー姫百合、そして学院の生徒会長に就任したジョセフィーヌ・ミステールらを中心に物語が展開される。

派生作品など[編集]

本作は、メディアミックス企画「Project MILKY HOLMES」の展開する作品群のひとつとして位置づけられている。そのほかにも、原作として位置づけられているゲーム『探偵オペラ ミルキィホームズ』をはじめ、さまざまな作品が展開されている。

書誌情報[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「作画」「画」などではなく、「漫画」と記載されている。
  2. ^ 本作においては、時代設定は「21世紀」だと明記されている。
  3. ^ 刻田門大のブログの更新日付は「2012年03月10日」となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「コンプエースで刻田門大『ミルキィホームズ2』など新連載」『コンプエースで刻田門大「ミルキィホームズ2」など新連載 | ホビー | マイナビニュースマイナビ2011年10月26日
  2. ^ 「探偵オペラ ミルキィホームズ2 (1)」『探偵オペラ ミルキィホームズ2 (1): コミック&アニメ: 刻田門大 | 角川書店・角川グループ角川グループパブリッシング
  3. ^ 「第1話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、3頁。
  4. ^ 「第1話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、7頁。
  5. ^ 「第3話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、81頁。
  6. ^ 「第4話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、124頁。
  7. ^ 「第4話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、140頁。
  8. ^ 「第4話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、142頁。
  9. ^ 「第4話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、123頁。
  10. ^ 「第4話」ブシロード・クロノギアクリエイティヴ企画・原作、刻田門大漫画『探偵オペラ ミルキィホームズ 2』1巻、角川書店2012年2月25日、141頁。
  11. ^ 刻田門大「ミルキィホームズの単行本が2月24日に発売になります」『刻田門大生存確認ブログ:ミルキィホームズの単行本が2月24日に発売になります2012年3月10日

外部リンク[編集]