授翁宗弼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

授翁宗弼(じゅおうそうひつ、永仁4年(1296年) - 康暦2年/天授6年3月28日1380年5月3日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。諱は宗弼、字は授翁。諡号は円鑑国師・微妙大師。父は藤原宣房万里小路藤房と同一人物とする説もある。

後醍醐天皇に仕えながら大徳寺宗峰妙超に参禅し、宗弼という法名を授かった。建武の新政の際には後醍醐天皇を諫めたが受け入れられず、ひそかに洛北岩倉で不二大徳に支持して得度した。20年間隠遁した後、京都妙心寺関山慧玄に参禅してその法を継ぎ、妙心寺2世となった。