捨てコンクリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

捨てコンクリート(すてコンクリート)[注釈 1]は、地業後に基礎や型枠の墨出し型枠鉄筋の受け台として設けるものである。

地業は必ずしも平坦に施工されているわけではない。鉄筋のかぶり厚は建物の耐久性に最も影響を及ぼす要因であるが、捨てコンがないとスペーサが安定せず、部分的に鉄筋かぶり厚が不足する場合がある。厚さは粗骨材寸法が25mmであれば、セメントペーストと分離しないように50mm以上とする。

元来、ミキサーで練られる1杯目は水分量が計算通りにならないため、捨てられる。 このコンクリートを指す言葉であった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 捨てコン(すてコン)と呼ばれることがある。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 山辺豊彦 「ヤマベの木構造」エクスナレッジ、2009年