捜狗ピン音輸入法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「捜狗拼音輸入法」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

捜狗拼音輸入法中国語: 搜狗拼音输入法英語: Sogou Pinyin Input Method)はコンピューターおよび携帯電話への中国語入力システムIME)のひとつで、中国の企業・捜狐の有力ポータルサイトである捜狗が提供するピン音によるものである。

歴史[編集]

捜狐マサチューセッツ工科大学を卒業した張朝陽中国に帰国して1995年に設立した企業で、1998年にサーチエンジン捜狗を提供し、2003年にはこれを第三代へと発展させた。2006年には捜狗ピン音入力方法を提供開始し、2013年には捜狗百科も発表し、またテンセント(騰訊)との提携もしている。捜狗輸入法は中国でもっとも多く使われている中国語入力方法で[1]、その歴史は次の通り[2]

  • 2006年6月:「捜狗輸入法」を発表。
  • 2009年6月:捜狗ピン音入力方法の三周年。艾瑞コンサルティング(iSearch)の調査によると、捜狗輸入法は使用者の79.7パーセントを獲得。
  • 2009年11月:「クラウド型捜狗ピン音入力方法」を発表。
  • 2010年3月:「捜狗輸入法5.0」を発表。

利用者[編集]

利用者は中国大陸香港マカオ台湾、その他世界の中国語話者に広がっている[3]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 精華大学・探狐捜狗合同調査「漢字入力の発展」 (中国語)
  2. ^ 捜狗(百度百科) (中国語)
  3. ^ 捜狗ピン音入力方法のインストール紹介

外部リンク[編集]