捕鳥部万

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

捕鳥部 万(ととりべ の よろず、生年不詳 - 用明天皇2年(587年)7月)は、飛鳥時代の武人。はなし。

捕鳥部(鳥取部)は鳥を捕捉することを職業とした品部[1]。物部氏の本拠である河内国には、鳥取部の伴造氏族で、角凝魂命の三世の孫である天湯川田奈命の後裔を称する無姓の鳥取氏があり[2]、万もこの一族の可能性がある[3]

物部守屋に仕えた。用明天皇2年(587年)、丁未の乱では物部方に属して戦った。主君の守屋が討たれたのを聞いて山中に逃亡し、なおも朝廷の兵士を防ぎ続けるが[4]、やがて首を小刀で刺して、自刃した。朝廷により万の死体は八つに切り、串刺しにして八つの国にさらせと命じられたが、串刺しにしようとした時、万が飼っていた白犬は万の頭を咥えて古い墓に収めると、万の頭のそばに臥して横たわり、やがて飢死したという[5]。不思議に思った朝廷が調べさせ、哀れに思って、万の同族に命じて、万と犬の墓を作らせたと『日本書紀』には記される(忠犬の行動により朝廷が意向を変えた例)。

菊池容斎が著した『前賢故実』には万の肖像がある。

脚注[編集]

  1. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  2. ^ 新撰姓氏録』河内神別
  3. ^ 佐伯有清編『日本古代氏族事典』雄山閣出版、1994年、325頁
  4. ^ 『日本書紀』の記述では、30人ほど射殺し、剣で矢を払っている。
  5. ^ 日本書紀』崇峻天皇即位前紀(用明天皇2年7月条)