捕われた女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
捕われた女
Captive
監督 ジェリー・ジェームソン
脚本 ブライアン・バード
ラインハルト・デンケ
原作 アシュリー・スミス『Unlikely Angel
製作 デヴィッド・オイェロウォ
テリー・ボトウィック
ジェリー・ジェームソン
ルーカス・アコスキン
アレックス・ガルシア
カトリーナ・ウルフ
ケン・ウェールズ
製作総指揮 サンティアゴ・ガルシア・ガルヴァン
ジョナサン・グレイ
ブライアン・バード
エリオット・レスター
ラルフ・ウィンター
出演者 デヴィッド・オイェロウォ
ケイト・マーラ
マイケル・K・ウィリアムズ
レオノア・ヴァレラ
音楽 ローン・バルフ
撮影 ルイス・サンサンス
編集 メリッサ・ケント
製作会社 BNフィルムズ
ブライトサイド・エンターテインメント
1019エンターテインメント
ヨルバ・サクソン・プロダクションズ
イタカ・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗2015年9月18日
日本の旗劇場未公開
上映時間 97分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 200万ドル[2]
興行収入 世界の旗$2,801,508[3]
テンプレートを表示

捕われた女』(とらわれたおんな、原題:Captive)は2015年に公開されたスリラー映画である。監督はジェリー・ジェームソン、主演はデヴィッド・オイェロウォケイト・マーラが務めた。本作はアシュリー・スミスが2010年に上梓したノンフィクションUnlikely Angel』を原作としている。

なお、本作は日本で劇場公開されなかったが、スター・チャンネルで放送されたことがある。

概要[編集]

2005年3月11日、レイプ事件の裁判の最中にブライアン・ニコルズ被告が警官の銃を奪い取るという事態が発生した。ニコルズは主審のローランド・バーンズら2名を殺害し、1人の警官に重傷を負わせた。その後、移民税関捜査局の職員をも殺害した。

裁判中の法廷から被告が脱走するという異常事態を受けて、州警察はニコルズの捜索に全力を挙げていた。半ば狂乱状態で逃走を続けていたニコルズは、アシュリー・スミスの自宅に押し入った。スミスはシングルマザーで、ドラッグ依存症の治療を受けていた。ニコルズはそんな彼女を人質に取ったのである。絶体絶命の危機に陥ったスミスだったが、予期せぬものが彼女の命を救うことになった。それはリック・ウォレンの著書『人生を導く5つの目的 自分らしく生きるための40章』であった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2013年10月15日、デヴィッド・オイェロウォ、ケイト・マーラ、レオノア・ヴァレラ、ミミ・ロジャースの4名が本作に起用されたと報じられた[4]。24日、マイケル・K・ウィリアムズの出演が決まったとの報道があった[5]。2015年3月16日、ジェシカ・オイェロウォが本作に出演していると報じられた[6]

撮影[編集]

2013年10月、本作の主要撮影がノースカロライナ州で始まった[7]

公開[編集]

2015年3月16日、パラマウント映画が本作の全世界配給権を購入し、同年9月18日に全米公開する予定だと発表した[8]。6月16日、本作のファースト・トレイラーが公開された[9]

興行収入[編集]

本作は『メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮』及び『ブラック・スキャンダル』と同じ週に公開され[10]、公開初週末に640万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はそれを大きく下回るものであった。2015年9月18日、本作は全米806館で封切られ、公開初週末に139万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場11位となった[11]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには50件のレビューがあり、批評家支持率は26%、平均点は10点満点で4.4点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「自己啓発本のための広告文を2倍長くしたような脚本のせいで、『捕われた女』はデヴィッド・オイェロウォとケイト・マーラの名演及びドラマチックな実話を台無しにしている。」となっている[12]。また、Metacriticには19件のレビューがあり、加重平均値は37/100となっている[13]

出典[編集]

  1. ^ 捕われた女”. 2018年2月2日閲覧。
  2. ^ Box-Office Preview: 'Maze Runner: Scorch Trials' Hopes to Sprint Past 'Black Mass'”. 2018年2月2日閲覧。
  3. ^ Captive”. 2018年2月2日閲覧。
  4. ^ David Oyelowo, Kate Mara to Star in True-Life Thriller 'Captive' (Exclusive)”. 2018年2月2日閲覧。
  5. ^ ‘Boardwalk Empire’s Michael K. Williams Gets ‘Captive’”. 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ David Oyelowo Gets “Captive””. 2018年2月2日閲覧。
  7. ^ "Captive" Feature Film Starring Kate Mara and David Oyelowo Casting Call for Extras in North Carolina”. 2018年2月2日閲覧。
  8. ^ ‘Captive’ Starring David Oyelowo & Kate Mara Acquired By Paramount”. 2018年2月2日閲覧。
  9. ^ 'Captive' trailer: David Oyelowo holds Kate Mara hostage”. 2018年2月2日閲覧。
  10. ^ Forecast: Depp's Gangster Tale, a Young Adult 'Maze' and a Trip to 'Everest'”. 2018年2月2日閲覧。
  11. ^ September 18-20, 2015”. 2018年2月2日閲覧。
  12. ^ Captive”. 2018年2月2日閲覧。
  13. ^ Captive (2015)”. 2018年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]