振草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
振草
ふりくさ
—  大字  —
小林地区の「ちゃつの舞」
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 愛知県
市町村 北設楽郡東栄町
人口 (2010年10月1日[1])
 - 計 447人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 449-0213
市外局番 0536
ナンバープレート 豊橋

振草(ふりくさ)は、愛知県北設楽郡東栄町大字である。郵便番号は449-0213。

地理[編集]

東栄町の北西部に位置し設楽町と接する。北東に大峠、南西には古戸山、南西には明神山、西には大鈴山が聳え、山頂付近が設楽町津具平山豊根村上黒川中設楽足込との境界になっている。

182の小字が設置されているが丁目は設定されていない。

山岳[編集]

河川[編集]

  • 大千瀬川
    • 鴨山川
      • 河内川
      • 楮川
      • 日陰川
      • 鴨山水無川
    • 下粟代川
    • 釜沢川
    • 新畑川
    • 押平川

小字[編集]

歴史[編集]

ふりくさむら
振草村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 合併・分割編入
振草村設楽町東栄町
現在の自治体 設楽町東栄町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
北設楽郡
面積 33.04km2.
総人口 3,126
(1955年)
隣接自治体 北設楽郡田口町、東栄町、豊根村下津具村
南設楽郡鳳来町海老町
振草村役場
所在地 愛知県北設楽郡振草村
 表示 ウィキプロジェクト

北設楽郡振草村を前身とする。

1889年10月1日に古戸村、小林村、下粟代村、上粟代村、平山村神田村川合村の一部が合併し、振草村となる。

1956年9月30日に振草村の一部(古戸、上粟代、下粟代、小林)が編入される。同日、振草村廃止。 編入後は、東栄町大字振草となる。旧振草村の「大字」が、東栄町大字振草の「」とされた。


施設[編集]

上粟代
下粟代
  • 金上材木店
小林
古戸
  • 古戸公民館
  • SOLATO振草
  • 八幡神社
  • 訪神社
  • 善光寺

交通[編集]

道路
路線バス
  • おでかけ北設
    • 基幹バス[2]
      • 2 - 豊根東栄線
        • 柿平(中設楽) - 島口 - 布川 - 底瀬 - 下粟代 - 杉下 - 振草郵便局前 - 粟代 - 小林
        • 布川 - 下古戸 - 古戸 - 小林
        • 古戸 - 折古戸 - 大沢(豊根村上黒川

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県の町丁・字別人口 -平成22年国勢調査 町丁・字別集計結果-”. 愛知県. 2016年8月8日閲覧。
  2. ^ 北設楽郡公共交通路線図 (PDF)”. 北設楽郡公共交通活性化協議会. 2016年8月10日閲覧。

参考資料[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』、1989年
  • 『日本歴史地名大系 23 愛知県の地名』、1981年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]