指導棋士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

指導棋士(しどうきし)は、日本将棋連盟によるプロになれなかった奨励会退会者の救済制度のひとつである。別名準棋士。1993年までは準棋士が正式名称であった。

名簿への掲載申請[編集]

  • 奨励会において初段以上に昇格した後に退会
  • 日本将棋連盟に申請をおこない受理されること

日本将棋連盟のウェブサイトにて紹介される扱いであり、功績によって準棋士昇段をおこなう。ただし連盟の正会員である「棋士」とちがって棋士志望者の師匠になることはできず、棋士総会に出席することもできない。

活動内容[編集]

プロ棋士を「指導する棋士」とプロ棋士のさらにうえの棋士と勘ちがいしている人がいるがそうではない。 構造的には正式に連盟に登録され、連盟から許可された業務内容は「連盟から依頼された将棋普及・振興のための諸活動をおこなうこと」と規定されている。

具体的には

  • 将棋教室の助手
  • 将棋関連イベントでの助手(棋士を補助)

等である。

現状[編集]

現在将棋人口のなかで正規のプロ棋士でない者のレッスンまで希望するアマチュアの数が多くないこと、またプロの棋士のなかでもレッスンに重きをおいた者や、奨励会と関係ない棋道指導員、普及指導員といった将棋の指導の専門家がほかにも数多くいることもあり、指導のみで生計をたてるのはむずかしいのが現状である。

そのため将棋ライターや将棋雑誌などの編集者として将棋界に関わる者、本業の合間に活動する者、登録のみで実際にはほとんど活動していない者など様々である。

おもな指導棋士[編集]

外部リンク[編集]