指定確認検査機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

指定確認検査機関(していかくにんけんさきかん)とは、建築基準法に基づき、建築確認や検査を行う機関として国土交通大臣都道府県知事から指定された民間の機関である。それまで地方公共団体建築主事だけが行っていた建築確認の民間開放を目的に改正された建築基準法が平成11年5月1日に施行されたことにより制度化された。 指定確認検査機関の指定にあたっては、建築確認を取り扱うことが出来る建築物の範囲や業務の対象地域が定められるが、指定業務範囲内では建築主事と同等の権限を持っている。 建築確認の民間開放は、建築確認の迅速化や違反建築物への行政対応の充実を目的としている。

関連項目[編集]