拳骨 (1915年の映画の続篇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
拳骨
The Romance of Elaine
監督 ジョージ・B・サイツ
レオポルド・ワートン
シオドア・ワートン
脚本 チャールズ・W・ゴダード
原作 アーサー・B・リーヴ
製作 レオポルド・ワートン
シオドア・ワートン
出演者 パール・ホワイト
撮影 リーヴァイ・ベイコン
ロビン・H・タウンレイ
配給 アメリカ合衆国の旗 パテ・エクスチェインジ
日本の旗 天然色活動写真
公開 アメリカ合衆国の旗 1915年6月14日
日本の旗 1916年8月
上映時間 約240分(2巻もの全12話 各話約20分)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 拳骨
テンプレートを表示

拳骨』(げんこつ、英語: The Romance of Elaine, 「エレインの恋愛」の意)は、1915年(大正4年)製作・公開、ワートン製作、パテ・エクスチェインジ配給によるアメリカ合衆国サイレント映画シリアル・フィルムである[1][2]。日本での別題『エレーヌの勲功』(エレーヌのくんこう)[2]

本作は The Exploits of Elaine および The New Exploits of Elaine の続篇であるが、日本では前々作『拳骨』、前作『拳骨』に引きつづき、本作の第1篇を『拳骨 第廿五篇』として封切った。

略歴・概要[編集]

1914年(大正3年)、フランスの映画会社パテ・フレール(現在のパテ)がパール・ホワイトを主演にアメリカで製作・公開したシリアル『ポーリンの危難[3]の大ヒットを受けて、レオポルド・ワートンシオドア・ワートンのワートン兄弟が製作した前々作『拳骨』、前作『拳骨』の続篇として製作され、パテ・エクスチェインジが配給して、1915年6月14日に第1篇を公開した[1]。本作をもってシリーズは完結した。

日本では、1916年(大正5年)3月、天然色活動写真(天活)が配給して、前々作の第1篇『拳骨 第一篇 酸化薬の一種』、同年5月20日には同じく前作の第1篇『拳骨 第十五篇 圧搾瓦斯』が東京・浅草公園六区帝国館で封切られるが[2]、本作の第1篇は、別作品とせずに引き続き『拳骨 第廿五篇』として、同年8月に浅草公園六区のキネマ倶楽部で封切られた。

現在、本作の原版・上映用プリント等は散逸し現存しないとみなされている[4]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
以下ノンクレジット、アルファベット順

サブタイトル[編集]

各話のサブタイトル、公開日の一覧である[1]

  1. 『拳骨 第廿五篇』 The Lost Torpedoアメリカ合衆国の旗 1915年6月14日日本の旗 1916年8月)
  2. 『拳骨 第廿六篇』 The Gray Friar
  3. 『拳骨 第廿七篇』 The Vanishing Man
  4. 『拳骨 第廿八篇』 The Submarine Harbor
  5. 『拳骨 第廿九篇』 The Conspirators
  6. 『拳骨 第三十篇』 The Wireless Detective
  7. 『拳骨 第三十一篇 死の雲』 The Death Cloud
  8. 『拳骨 第三十二篇 探照銃』 The Search Light Gun
  9. 『拳骨 第三十三篇 命の綱』The Life Chain
  10. 『拳骨 第三十四篇 閃光』 The Flash日本の旗 1916年10月4日)
  11. 『拳骨 第三十五篇 消失した潜水帽』The Disappearing Helmets
  12. 『拳骨 第三十六篇 エレーヌの勝利』The Triumph of Elaine

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c The Romance of Elaine, Internet Movie Database (英語), 2010年7月15日閲覧。
  2. ^ a b c d 『20世紀アメリカ映画事典』、編・畑暉男カタログハウス、2002年4月、ISBN 4905943507, p.42.
  3. ^ The Perils of Pauline - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  4. ^ The Romance of Elaine, silentera.com (英語), 2010年7月15日閲覧。
  5. ^ Levi Bacon - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  6. ^ Robin H. Townley - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  7. ^ Archer Chadwick - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  8. ^ Arnold Daly - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  9. ^ Bessie Wharton - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  10. ^ Howard Cody - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。
  11. ^ Paul Everton - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]