拡張IPA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

[[Category:英語版ウィキペディアからの翻訳を必要とする{{{topic}}}記事]]

もともとの国際音声記号IPA: International Phonetic Alphabet)はあらゆる言語の音声を文字であらわすために定めた記号だが、この拡張IPA(Extensions to the International Phonetic Alphabet)は言語障害の発音分析を行うために新たに定められた。したがって実際には言語の音素として使われていないものも多い。略称はExtIPA

拡張IPAの字母[編集]

名称 特徴
ʩ 口蓋帆咽頭摩擦音 口唇口蓋裂患者が発音するといわれる
ʪ 無声側面摩擦舌もつれ音
ʫ 有声側面摩擦舌もつれ音
ʬ 両唇衝突音 唇を勢いよく合わせたときに出る音
ʭ 歯ぎしり音
¡ 下顎体衝突音 歯茎吸着音を発音時に勢いよく舌を動かし、下顎体に打ち付けて調音。

吸気音[編集]

下向きの矢印「↓」を文字の後ろにつけると吸気音を表すことができる。

パーカッシブ音[編集]

パーカッションのような特殊な音を出すことができ、両唇衝突音、歯ぎしり音、下顎体衝突音がある。 サンダウェ語では歯茎吸着音を発音するときに下顎体衝突音が出ることがある。