拡張式寒冷地被服システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
拡張式寒冷地被服システム第3世代

拡張式寒冷地被服システムECWCS: Extended Cold Weather Clothing System)は、マサチューセッツ州にあるアメリカ陸軍ネイティック研究・開発・技術・センター(: the U.S. Army Natick Research, Development and Engineering Center)によって1980年代に開発された保護服システムである。

第1世代[編集]

第1世代パーカ

華氏40度(摂氏4.4度)から華氏-60度(摂氏-51.1度)までの気温の中で適切な環境保護を維持することを目指している。

上下被服のセットを1つのレイヤーとしてまとめたものを5つ設定し、気温に合わせて薄手のものから順番に重ね着することで対応する。

小物は次の通り。

  • 皮革製とウール製の手袋、皮革製とウール製の3本指(トリガーフィンガー)ミトン、脱着可能なライナーつきミトン、雪迷彩のミトン
  • 耳当てつき帽子目出し帽
  • 2重底ブーツ(ミッキーマウスブーツ)と外気排出バルブつき2重底ブーツ(バニーブーツ)、靴下
  • サスペンダー

第2世代[編集]

2006年頃から。第1世代から大きな変更はない。

  • レイヤー1に薄手の吸汗拡散生地のアンダーシャツとズボン下が追加され、選択可能に
  • レイヤー2のパイル織物のジャケットとオーバーオールをフリースのジャケットとオーバーオールに変更

第3世代[編集]

第3世代レベル5上下

2008年頃から。華氏45度(摂氏7.2度)から華氏-50度(摂氏-45.6度)までの気温の中で適切な環境保護を維持することを目指している。

第3世代は保護戦闘服(: Protective Combat Uniform)を参考にし、レベルという分類をした上半身7種類(アンダーシャツ2種、ジャケット4種、パーカ1種)・下半身5種類(ズボン下2種、ズボン2種、オーバーパンツ1種)を組み合わせたシステムとなっている。

  • レベル1:薄手の吸汗拡散生地のアンダーシャツとズボン下
  • レベル2:やや厚手の吸汗拡散生地のアンダーシャツとズボン下
  • レベル3:フリースジャケット
  • レベル4:ウインドジャケット
  • レベル5:撥水生地のジャケットとズボン
  • レベル6:防水透湿生地のジャケットとズボン
  • レベル7:中綿入りパーカとオーバーパンツ(マシュマロスーツ)
動きと気温と被服の組み合わせの対応表
動き 気温 上下 レベル
1 2 3 4 5 6 7
活動 華氏-21度(摂氏-32度)から華氏0度(摂氏-18度)
華氏-0度(摂氏-18度)から華氏30度(摂氏-1度)
華氏30度(摂氏-1度)から華氏50度(摂氏10度)
華氏35度(摂氏1度)から華氏45度(摂氏7度)
待機 華氏-50度(摂氏-46度)から華氏0度(摂氏-18度)
華氏-0度(摂氏-18度)から華氏30度(摂氏-1度)
華氏30度(摂氏-1度)から華氏45度(摂氏7度)
華氏45度(摂氏7度)超

小物は次の通り。

  • 目出し帽とフリースキャップ、ネックウォーマー、スキーゴーグルとサングラス、フードのファー
  • 2重底ブーツ(ミッキーマウスブーツ)と外気排出バルブつき2重底ブーツ(バニーブーツ)と防水ブーティー、ナイロン製とポリプロピレン製とウール製の靴下
  • 雪迷彩のギリースーツとサスペンダー

軍事目的以外での使用[編集]

第3世代レベル7上

2017年頃に俳優の菅田将暉坂口健太郎が、第3世代レベル7上を着用した画像をインターネット上で公開[1]したことで話題になった。

脚注[編集]