拡大再生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

拡大再生産(かくだいさいせいさん、: extended reproduction)とは、マルクス経済学において、剰余価値の一部、またはそのすべてを資本家消費に支出することなく、資本に転化して蓄積することによって生産規模を拡張し、再生産を行うこと。対義語は単純再生産

再生産表式に基づく検証[編集]

I部門(生産財生産部門)とII部門(消費財生産部門)に分かれた経済モデルを考える。ここで、cを不変資本、vを可変資本、mを剰余価値として、次のような価値をもった生産物を考え、これに再生産表式を適用する(以下の数値例は、水谷謙治『新経済原論』(有斐閣、1994年)73ページ以下による。再生産表式については、当該項目を参照のこと)。

I  
II 

ここで蓄積率を50%、剰余価値率を100%とすると、I部門の100mのうち、50mは40c+10vに分けられる。10vは消費財の追加需要をもたらすが、この追加分の生産財はIの剰余価値部分から補填される。II側においても生産財を必要とするが、この追加分もI部門の剰余価値部分から補填される。これらの関係を上式に沿って整理すると、

I  
II 

整理して、

I  
II 

剰余価値率は100%であるから、結果として

I  
II 

となる。結果として、

I II

が再生産の条件となる。

関連項目[編集]