拓跋目辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張A)が含まれています詳細

拓跋目辰(たくばつ もくしん、生年不詳 - 479年)は、中国北魏皇族。宜都王。

経歴[編集]

拓跋猗㐌の末裔として生まれた。450年太平真君11年)、羽林郎として太武帝の南伐に従い、長江まで到達した。文成帝が即位すると、目辰は侍中・尚書左僕射に累進し、南平公に封じられた。465年和平6年)、兄の拓跋郁と相談して朝廷で専権を握る乙渾を殺害しようと図ったが、拓跋郁は殺され、目辰は逃亡して露命をつないだ。471年皇興5年)、献文帝孝文帝に譲位するにあたって、計画策定の功績があった。476年承明元年)6月、司徒に転じ、宜都王に封じられた。雍州刺史に任じられて、長安に駐屯した。利殖を好み、州において収賄をおこなった。479年太和3年)4月、罪を問われて処刑され、爵位を剥奪された。

伝記資料[編集]