拓跋新成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

拓跋新成(たくばつ しんせい、生年不詳 - 470年)は、北魏宗室。陽平幽王。

経歴[編集]

拓跋晃と袁椒房のあいだの子として生まれた。

457年太安3年)5月、陽平王に封じられた、征西大将軍の位を受けた。

460年和平元年)6月、統万・高平の諸軍を率いて南道を出て、吐谷渾拾寅を討った。後に内都大官となった。

470年皇興4年)12月、死去した。は幽といった。

家族[編集]

[編集]

妻は、李氏と雷氏が妻。

[編集]

子は元頤元衍・元振・元匡・元颺・元欽である。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻19上 列伝第7上
  • 北史』巻17 列伝第5