押谷善一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

押谷 善一郎(おしたに ぜんいちろう、1935年5月11日 - )は、アメリカ文学者、大阪市立大学名誉教授。

京都府生まれ。1963年大阪市立大学文学部英文科卒、京都大学大学院修士課程修了。和歌山大学学芸学部(のち教育学部)助教授、教授、京都府立大学教授、1994年大阪市立大学文学部教授、1998年定年退官[1]、名誉教授、就実女子大学教授、就実大学人文学部教授、学長[2]。1995年「スティーヴン・クレインの眼」で大阪市大文学博士。2016年11月、瑞宝中綬章を受章[2]

著書[編集]

  • 『スティーヴン・クレイン 評伝と研究』山口書店 1981
  • 『スティーヴン・クレインの詩 研究と鑑賞』山口書店 1984
  • 『スティーヴン・クレインの印象主義的技法』大阪教育図書 1987
  • 『Edward Eggleston the Hoosier school-masterの研究 注解・梗概・小伝・論文』大阪教育図書 2000

共編著[編集]

  • 『英語世界へのアプローチ 就実女子大学英文学会』御手洗博・中野道雄共編著 大阪教育図書 2003
  • 『アメリカ文学史新考 アメリカ文学への手がかり』監修 久我俊二町田哲司・山本哲編著 大阪教育図書 2004

翻訳[編集]

  • スティーブン・クレイン 『天使の子 ホワイロンヴィル物語』大阪教育図書 1978
  • フランシス・パワー『日本人英語の陥し穴』岩田強と編訳 大阪教育図書 1986
  • ハムリン・ガーランド『本街道』大阪教育図書 1989
  • ルース・フランチアー『スティーヴン・クレイン物語 波乱に富んだ奇才の半生』久我俊二共訳 大阪教育図書 1991

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Agency, Japan Science and Technology. “押谷 善一郎 - 研究者 - researchmap” (日本語). researchmap.jp. 2018年11月6日閲覧。
  2. ^ a b “秋の叙勲:受章者(その2) 瑞宝中綬章 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20161103/ddm/010/040/041000c 2018年11月6日閲覧。 

参考[編集]

  • 押谷善一郎教授略歴・業績目録 (押谷善一郎教授退官記念号) 人文研究 1998
  • 『現代日本人名録』2002年