抵抗溶接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抵抗溶接(ていこうようせつ)とは、溶接したい母体(銅管など)に電流を流しジュール熱を発生させ、その母体を溶解させ、それと同時に加圧することによって接続する溶接方法。この方法を応用した溶接法に、スポット溶接シーム溶接がある。

熱量は以下の式であらわすことが出来る。

熱量=0.24I2Rt

式中の各値の意味。

  • I:電流値(単位アンペア
  • R:抵抗値(単位オーム
  • t:電流を流した時間(単位
  • 熱量:発生する熱量(単位カロリー。単位をジュールで計ると式中の0.24が消え、右辺は単に I2Rt となる。)

関連項目[編集]

  • 溶接 - 2つ以上の金属等を溶解し、接続させる作業のこと。
  • 圧接 - 金属の表面を密接に並べ、熱や圧力などを加えることにより接合する溶接方法
  • ミヤチテクノス- 大手抵抗溶接機器メーカー

外部リンク[編集]