折り紙建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

折り紙建築(おりがみけんちく)は、一枚の紙に切り線・折り線(山折り、谷折り)を入れ、ある角度(任意~360度)[1]に折り曲げて建築物のデザインを表現する折り紙の一種。

"nl:Louis_Hartlooper_Complex"オランダユトレヒトの映画館をモチーフにした折り紙建築の例

概要[編集]

1981年茶谷正洋により建築物などの造形を立体的に表現するための手法として考案された。数多くの建築物の折り紙建築がこれまでに発表されている。

出典[編集]

  1. ^ 折り紙建築 - みくの部屋 2016年11月5日閲覧。

関連リンク[編集]